ゆで卵には好みがあります。半熟卵が好きな人もいれば、キライだという人もいます。でも、私が半熟卵大好きなので(キッパリ)、おいしい半熟卵の作り方を紹介します。

用意するもの

 生卵と鍋。当たり前ですね(汗)。

 

生卵を鍋に入れる

 水の状態から生卵を茹でていきます。そこで、まず鍋に水を入れます。卵が水にギリギリ隠れる程度の分量です。この分量が重要です。少なすぎたり多すぎたりすると半熟具合に影響が出ます。

 

強火で茹でる

 フタをして強火で茹で始めます。沸騰するまで待ちます。

 ガスコンロを使っている人は絶対に目を離さないでください。

 半熟卵を作っていて火事になったなんてことになったら笑い話で済みません。火を使っているときは絶対にその場所から離れない! これは料理をする全ての人の鉄則です。
 

 

さらに5分茹でる

 沸騰したらフタを取ります。そこから5分ほど引き続き茹でます。

 

お湯を捨てて水を入れる

 5分経ったらお湯を捨てます。沸騰したお湯ですから、やけどをしないよう気をつけてください。

 

水に浸す

 鍋に水を入れます。卵が隠れる程度の分量です。

 卵の表面から熱が奪われていきますから、水の中で持ってみてやけどをしない程度まで熱が下がったなと感じたら、食べごろです。

 

食べる!

 割ってみましょう。

 ほら、ご覧の通り。黄身がとろ~りとろとろ

 塩を振るかそのまま食べるかはお好みで。いただきまーす!

 

注意点

 火力は器具によって異なります。1回作ってみて固すぎたり半熟すぎたりした場合は、茹でる時間を減らしたり増やしたりして調整します。自分の好みの半熟具合に出会うために、ほんの少しの微調整をしてみましょう。

 もちろん、「そこまで難しく考えてない」という人は、できあがった半熟卵をそのままおいしく召し上がれ。